タグ:高齢出産 ( 5 ) タグの人気記事

やる気無し僧

あーあー9月に入っちゃいました

私のお腹も昨日より9ヶ月目に突入

おへそもしっかりデベソちゃんになってしまいました

f0131631_18364442.jpg


毎朝、今日こそは

ブログの更新を・・・

ギターの練習を・・・・

服の整理を・・・・・・

etc・・・・・・・

と思うのだけれど 全然出来てない 

というか 

全然出来ないままいつの間に夕方になっちゃう ここ数日

まずいまずい

パソコンの前に座ると おちびちゃん嫌なのか めっちゃ動いて痛くされて邪魔されて

そんで5分で閉じてしまう事もしばしば

のちのち後悔することになっちゃうから気合いれないとなぁ

・・・・・・って

一応は思うんだけれど なかなかエンジンかからない


ただ毎日かかさずしている事は 産後の白髪&抜け毛予防に 半端じゃないくらい
血流よくするために ブラッシング&シャンプーの後のヘッドマッサージ

産んでから老婆になってしまうのは悲しいもの

1ヶ月前くらいに髪が細くなって、パサつきだして 何か方法は?と初めてみたけど
スッゴクいいみたい

髪がサラサラ コシも出始め 何より頭皮が柔らかくなって 頭もすっきり。
血行が良くなってる~って実感します

これは産後も頑張って続けるつもり


にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by hallobaby | 2007-09-08 18:42 | 毎日の事

羊水検査の事

今日も暑かった 

予定日を2日すぎた妊婦友達(私よりも10も年下ちゃん)とランチへ出かけたけれど

さすがに今日はしんどくて 買い物も出来なかった

帰り道 すいかやモモや プラムなんかを持ち帰ろうと 出かける時はそんな気分

だったのに何も持てず 結局歩くのがよーやっと   

帰ってから横になったり休んでたけれど 未だに気分優れずで

吐き気のような不快感 ゲップが気持ちエエ

こういう日は ネガティブな事思い出したり 考えたりしちゃうんだけど そんな時は

羊水検査を受けたあの頃の事を思い出して あの頃に比べれば 今のほうが

何倍もマシだと感謝するようにしてる

羊水検査

検査自体 怖いとか 痛かったら・・・・とか そんな事じゃない

もし お腹の中でこんなに元気に動き回っている子が 普通じゃないからって

認められず どうしますか?って決断に迫られたら・・・・・

そっちの恐怖の方が断然 怖くて辛くて 生きた心地しなかった

私はどんな子でも自分の子として受け入れたい そう思ってた

でもパートナーがそれを希望せず 仕方なしに受けた検査だったので

もし何かあったら 多分頭がおかしくなっちゃうんじゃないか?

この子と一緒に どっかに消えてしまおうか・・・・・

とにかくあの頃は 精神状態が普通でいられなかった

パソコンを開けて 検索すれば あっという間に色んな情報が溢れ 

何でもわかってしまう世の中

羊水検査も同じだと思う 判ったうえで ハンディーキャップを負って生まれて来る

子の親になるための準備期間を 備えるためならいいけれど 駄目だからといって

物を捨てるように 処分してしまうための検査なら無い方がどんなに良いか・・・・・

この検査を体験した妊婦さんの殆どがそう思うんじゃないかな?と思う

検査の最中 手に汗をにぎりながら静かに思った

おめでたい事だけじゃなく そのような行為にも携わらなければならない 

私は絶対に産婦人科のドクターにはなれないな・・・・

もしこれから羊水検査を受ける悩める妊婦さんがいたらお伝えしたいです

決めた以上は 自分と生まれて来る赤ちゃんを信じて挑んで欲しい

せっかく決意して検査を受けたのに 自分の不注意で 破水を起こしてしまったり

元気な赤ちゃんのはずだったのに 検査を受けたばかりに・・・・・という結果は

絶対招いて欲しくないという事

検査後は母鳥が雛を守るような気持ちで 数日は何があっても安静に過ごして

欲しいと願います


明日も暑いのかな~

またしばらくは つわりの再来みたいな症状で辛そうだけど お腹の中で元気

に動いてくれると その瞬間は笑顔になれる

何よりのお薬だ 


にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by hallobaby | 2007-07-26 21:18 | トラブル

胎動が凄い

25週と3日目

毎日ムシムシ暑くて暑くて タダでさえ妊婦って大変なのに 高齢な私には
かなりハードなこのところの毎日です

この間の検診で 先生にやっぱり体重の増加を厳しくチェックされてしまったので
次回の検診まで 意地でも体重増やすまいと 豆腐や 茹でたさつまいも
なんかをなるべく主食に 塩分も控えめに頑張ってる

お子ちゃまは 

この子大丈夫だろうか????

ってくらいの物凄い胎動君で たまに具合が悪くなってしまうほど半端じゃない

肉の無いわき腹の間に無理くり キックだか チョップだかわからないけれど
物凄い一撃が もーしょっちゅうで 

きゃー!とか わぁー!とか 

声出てしまうほど 驚かされてます

胎動が凄いのは 元気な証拠だそうですが もう少し優しいと有り難いなぁ~

何だか今日は 少し気持ちが悪いかも

また子宮が少しづつ大きくなって 胃が上がってきてるせいかな。。。



にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by hallobaby | 2007-07-23 18:50 | 毎日の事

辛かった日々 その2 妊娠悪阻・入院生活

前回の続きを話す前に 最近の大変な事

10日ぐらいまえから外陰部に静脈瘤が出来始めた(泣)
14年前の妊婦時にも出来てそれはそれは痛くて大変な思いをしたので、
今回こんなに早くでき始めてしまって
あと4ヶ月・・・・・あーどうしよう。

静脈瘤の話はまた改めてする事にして この間の続きですが

ぎっくり腰は経験した人しか分らないホントに物凄い激痛を伴う厄介者です
私の場合 過去に3度ほど経験していたので 今回妊娠して真っ先に過ぎった心配が
もし外で赤ちゃん抱っこしてて 街中なんかでギクッってきたらどうしようって事
そんな心配事が妊娠時のこんな初期に起こるなんて

トイレで吐いた瞬間にギクッた時は痛くてびっくりしたけれど 気持ち悪い 吐きたい
って方が相当だったので とにかくその瞬間々は 吐く事が気分的に一番
でもそのうちに腰の腫れがどんどん悪化し 寝返りするたびに悲鳴をあげる始末
立ち上がることも出来ず、四つんばいで這う事が精一杯の激痛に加え 気持ちの悪さに
耐え切れなく繰り返される嘔吐
もう ぎっくりか 嘔吐かどっちかにしてくれよ!!!!ってまじで泣きました

病院に入院しても 吐き気に関しては点滴の処置をしてもらえたけれど 腰に関しては
まだ出血も多少あったし 赤ちゃんに影響が出るかもしれない大事な時ということで
よっぽどならば仕方なく筋肉注射 なんとか我慢できるようであれば湿布で様子をみる
という事で 吐き気が点滴によって楽になるのであれば痛みに耐えようと湿布を選択
1、2日痛かったけれど 湿布のみでも徐々に痛みも和らぎ 点滴も効いてくれているのか
入院してからは吐く事もなく 翌朝からの食事も 吐く事もなく しっかり食べられた

4人部屋の同室の妊婦さん達 私以外は早産気味で入院している人たちで 
ウテメリンの点滴をしてる人や服用している方々がお仲間さんでした
楽しい人たちだったので 初回の入院はいつもカーテンがあけっぱなしで笑いが絶えなかったので 気を使う事も無く つわりや腰の痛みも忘れるほどでした     

この入院生活も 初回は10日ほど 一旦帰宅しては また一週間後に入院
家に帰っても食べれない飲めない 口に物を入れれば即座に吐いてしまう状態

最初は入院が嫌で 毎日3時間かけて点滴をしに通院してたけれど 私の場合
点滴1本じゃ足りなかったようで 会計してタクシーに乗る前にもう吐いている

そのうち体内から水分もどんどん無くなり おしっこも出なくなる始末
もう限界になる頃には 入院の身支度してから病院へ
予想通りケトンも出ちゃってて 「はい入院です 上行きましょう」って
 
こんな繰り返しを4回もしたので 今では病棟の主のようになってしまった

まだ小さい上の子がいたり、色んな事情で無理だったりするかもしれないけれど
私のようにつわりの酷い人は 我慢しないで病院にお世話になるのがやはり精神的にも
楽なのかもしれない 
私の場合は 病院にいるだけでいつでも点滴出来るから大丈夫という安心感からか
後半は点滴なしで過ごせたし 食事もバランスよく食べられたから有り難かった

しかし 勿論の事入院費は相当のものでした 保険でちょっとカバーできたから
良かったけれど・・・・・


にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ ブログランキング・にほんブログ村へ

  
[PR]
by hallobaby | 2007-07-02 21:01 | トラブル

辛かった日々 その1 つわりと出血

暑かったり、涼しかったりのこのところの天候
私の体調も相変わらず体温が高く手足も熱くなんだかだるいし 
日によるけれどまだつわりがあるようで そんな日は食べても食べなくても
気持ちが悪く調子が悪い さすがにもう吐いてないけれど

つわりといえば14年前 前夫との間に出来た長男の時も妊娠悪阻で入院
今回も辛かったら嫌だなって不安は過ぎったけれど 最初の子がそうだから今回も
酷いとは限らないし 男の子と女の子でも違うんだろうしなんて思っている矢先
だんだん気持ち悪くなってきた(泣)
5、6週目の頃だったかな

嫌だなぁ~ またかよぉぉなんて落ち込んでたら ある日お腹が痛くなりものすごい
勢いで出血してしまった

その日は主人の誕生日 こんな日になんで?もし駄目でもせめて今日は
何事も起きませんようにと 祈りながら病院へ

便器いっぱいに出血してしまってたので きっと医者から
「諦めてください」と言われるはずと思っていたのに エコーでみる我が子のと心臓は
生きてるよ!!と言わんばかり元気にピコピコと動いていた
生きようとする生命力 凄いと感激した

だけれども だからと言ってもう大丈夫というわけじゃない
医者にも
 「もし駄目なら赤ちゃんの方から下りて来てしまう事もあるけれど 
とりあえず今日のところは心拍が確認出来ているので 様子を見ながら自宅で安静に」

と言われ帰宅

主人の誕生日のディナーは 近くのファミリーレストランでの半端じゃなくシンプルな
お祝いになってしまいました

その後出血は徐々に少量になり お腹の痛みも無し
ただただ酷くなるのはつわりの嘔吐
病院に行った日の翌日の夜 トイレで吐いていた際 中腰だったのが災いしたのか

ギクリッ!あいたたぁっぁぁぁ  もういやぁぁぁっ(泣)
今度はギックリ腰かよ、全くぅぅぅっ


そして辛く長い日々の始まり
3月9日のこの日から5月1日までの4回にも及ぶ入退院生活が始まったのでした。



にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by hallobaby | 2007-06-27 16:13 | トラブル