タグ:外陰部静脈瘤 ( 1 ) タグの人気記事

辛かった日々 その2 妊娠悪阻・入院生活

前回の続きを話す前に 最近の大変な事

10日ぐらいまえから外陰部に静脈瘤が出来始めた(泣)
14年前の妊婦時にも出来てそれはそれは痛くて大変な思いをしたので、
今回こんなに早くでき始めてしまって
あと4ヶ月・・・・・あーどうしよう。

静脈瘤の話はまた改めてする事にして この間の続きですが

ぎっくり腰は経験した人しか分らないホントに物凄い激痛を伴う厄介者です
私の場合 過去に3度ほど経験していたので 今回妊娠して真っ先に過ぎった心配が
もし外で赤ちゃん抱っこしてて 街中なんかでギクッってきたらどうしようって事
そんな心配事が妊娠時のこんな初期に起こるなんて

トイレで吐いた瞬間にギクッた時は痛くてびっくりしたけれど 気持ち悪い 吐きたい
って方が相当だったので とにかくその瞬間々は 吐く事が気分的に一番
でもそのうちに腰の腫れがどんどん悪化し 寝返りするたびに悲鳴をあげる始末
立ち上がることも出来ず、四つんばいで這う事が精一杯の激痛に加え 気持ちの悪さに
耐え切れなく繰り返される嘔吐
もう ぎっくりか 嘔吐かどっちかにしてくれよ!!!!ってまじで泣きました

病院に入院しても 吐き気に関しては点滴の処置をしてもらえたけれど 腰に関しては
まだ出血も多少あったし 赤ちゃんに影響が出るかもしれない大事な時ということで
よっぽどならば仕方なく筋肉注射 なんとか我慢できるようであれば湿布で様子をみる
という事で 吐き気が点滴によって楽になるのであれば痛みに耐えようと湿布を選択
1、2日痛かったけれど 湿布のみでも徐々に痛みも和らぎ 点滴も効いてくれているのか
入院してからは吐く事もなく 翌朝からの食事も 吐く事もなく しっかり食べられた

4人部屋の同室の妊婦さん達 私以外は早産気味で入院している人たちで 
ウテメリンの点滴をしてる人や服用している方々がお仲間さんでした
楽しい人たちだったので 初回の入院はいつもカーテンがあけっぱなしで笑いが絶えなかったので 気を使う事も無く つわりや腰の痛みも忘れるほどでした     

この入院生活も 初回は10日ほど 一旦帰宅しては また一週間後に入院
家に帰っても食べれない飲めない 口に物を入れれば即座に吐いてしまう状態

最初は入院が嫌で 毎日3時間かけて点滴をしに通院してたけれど 私の場合
点滴1本じゃ足りなかったようで 会計してタクシーに乗る前にもう吐いている

そのうち体内から水分もどんどん無くなり おしっこも出なくなる始末
もう限界になる頃には 入院の身支度してから病院へ
予想通りケトンも出ちゃってて 「はい入院です 上行きましょう」って
 
こんな繰り返しを4回もしたので 今では病棟の主のようになってしまった

まだ小さい上の子がいたり、色んな事情で無理だったりするかもしれないけれど
私のようにつわりの酷い人は 我慢しないで病院にお世話になるのがやはり精神的にも
楽なのかもしれない 
私の場合は 病院にいるだけでいつでも点滴出来るから大丈夫という安心感からか
後半は点滴なしで過ごせたし 食事もバランスよく食べられたから有り難かった

しかし 勿論の事入院費は相当のものでした 保険でちょっとカバーできたから
良かったけれど・・・・・


にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ ブログランキング・にほんブログ村へ

  
[PR]
by hallobaby | 2007-07-02 21:01 | トラブル