そして妊娠 44歳の命がけのチャレンジ  

命がけはちょっと大げさ? と思う人もいるかもですが
昔からお産は命にかかわる女性の大仕事


いまでこそ エコーなどの医学、医療器具の進歩で 
良くも悪くも なんでも事前に分かる世の中だけれど
昔は逆子だって多胎児だって 自然に生むしかなかったはずです


昔じゃなくても途上国では 私たちに当たり前にあるような母子を守る
術がなくて 多くの母子の尊い命を守れないのだから 出産はホント
女性の大イベントだと思うのです


そんな恵まれた環境に居ながらの私も 44で出産する事を改めて思うと
第2の人生をバンジージャンプするくらい当初は嬉しい気持ち半分怖かったです


調度その頃 同じ年で出産したアナウンサーの方の訃報が伝えられた事もあり 
たとえ無事に産めても 産後の体調や精神状態は大丈夫だろうか?
ここまで頑張ってエイジレスできたテンポが 子供を産んだとたん一気に早まって
白髪でシワシワばーさんになっちゃうんじゃないか?
もーとにかく 一抹の不安は常に付きまといました


そんな不安も抱えつつ、すでにお話したように 妊娠してすぐに切迫流産や
ぎっくり腰、妊娠悪阻、羊水検査などなど
次から次へと不安の厚塗りのような大変な試練ばかりだったので
再び今までの生活に戻って+元気な赤ちゃんが傍らにいることを全てに感謝
したい気持ちです


私のお産は予定日を2日過ぎた頃にやってきました
それまで何度と無く不発に終わった微弱陣痛がやっとホンモノ?と
時間の感覚がやっと定期的になり
『これは?』とく確信できたの病院に連絡 そして夜の9時に入院となりました

一応2度目なので 長丁場になると思い 自分でイクサ用のおにぎりも用意
万端な準備のもと主人の車で向かいました




にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
[PR]
by hallobaby | 2008-04-12 13:46 | 40代 体の事
<< そして出産 チャレンジが終わっ... 40代で妊娠 私の場合 その2 >>